ゆめぴょんの好奇心ゆめぴょんの好奇心
節約/節電でお金貯めて世界一周旅行へ。アニメ/映画の感想や健康・国内旅行記も!好奇心のおもむくままに!

【東北旅行】芭蕉も愛した松島を遊覧船クルーズ!おすすめスポットや島々を紹介

宮城県の松島クルーズ 仁王島

宮城県の松島は日本三景の1つでもあり、松尾芭蕉が好んだことでも有名です。今回は遊覧船クルーズで見てきた、おすすめ観光スポットの島々などを紹介します。

ゆめぴょん(@yume_pyon)です。こんちはっ!

全世界の旅行地図マップ大きな地図(グーグルマップ)で見る >全世界の旅行地図マップ

今回の東北旅行では、仙台から世界遺産の平泉や、一ノ関の厳美渓花巻温泉日本三景の松島塩釜、会津若松などの観光とグルメを楽しみました。

今回はいよいよ、ハイライト観光の1つである、遊覧船による松島湾クルーズです。1時間くらいで、料金も高くないのでオススメです。変わった島々やきれいな海の写真を見てください。

宮城県の松島について

日本三景の1つにも数えられる、宮城県の松島は、大小260もの島々で構成されています。坂上田村麻呂、伊達政宗、松尾芭蕉などが絶賛したほどの、美しい海をながめることができます。

松島は東北でも人気の旅行スポットとして、世界遺産の平泉、花巻温泉などとセットで観光されます。松島では遊覧船クルーズも、旅行プランに組み入れられることが多いと思います。

2011年3月11日の東日本大震災では、大津波による被害を受けました。しかし多くの島々が緩衝材のような役割を果たし、他に比べると被害は軽くすんだようです。

松島湾の遊覧船クルーズについて

遊覧船のりばは、松島湾の五大堂のすぐそばです。瑞巌寺から海に出たところなので、見つからないことはないでしょう。

松島クルーズの遊覧船は、春から秋にかけては、ほぼ1時間毎にあります。ゴールデンウィークやお盆休み中などは臨時便がでありそうですが、混雑するので早めに行くか予約した方がいいかもしれません。

松島⇔松島の1周コースでも、松島⇒塩竈、塩釜⇒松島の片道コースでも、40〜50分くらいで、料金はどのコースでも1,500円です。消費税額は今後変わるかもしれません。

遊覧船クルーズはいくつか種類があるようです。私は現地の売り場で買ったので、どの会社かわかりませんが。下の丸文松島汽船なら、他クルーズで行かない島にも寄ってくれるようです。比較して決めて下さい。

ご利用規約|松島島巡り観光船企業組合【公式サイト】
松島観光は遊覧船で-丸文松島汽船

上のサイトでは、事前ネット予約すると、10%割引になるので節約になります。印刷用の割引チケットもあるので、利用して旅行費の節約に役立ててください。

松島湾の観光を写真とコメントで紹介

遊覧船クルーズの前に、チケット売り場の近くにある「五大堂」も観光しました。

五大堂

宮城県の松島の五大堂

松島クルーズで一番最初に見る島が、五大堂です。小さな橋がかかってて10分くらいで観光できます。島内には仏堂が建っています。

歴史をさかのぼれば、807年頃に奥州征伐へ来た、征夷大将軍・坂上田村麻呂が最初に毘沙門堂を建設したそうです。その後、慈覚大師円仁が瑞巌寺の前身として建立しました。

【東北旅行】世界遺産/平泉の観光前に!奥州藤原氏・源義経の歴史を復習してみた【東北旅行】世界遺産/平泉の観光前に!奥州藤原氏・源義経の歴史を復習してみた

平泉や仙台など奥州と呼ばれてた地域へ国内旅行へ行きます。観光地名所などを調べてる…

五つの大明王像を安置したことから、五大堂と呼ばれます。現在の仏堂は、伊達政宗により再建されたものです。

宮城県の松島の五大堂

松島湾の遊覧船クルーズ出発!

これが今回乗船した遊覧クルーズ船です。大型な方ですね。

宮城県の松島クルーズ船

松島町や、先ほど観光した五大堂をながめながら、いざ出発!

宮城県の松島クルーズ

すぐにこんな島々の景色が見えてきます。逆光(太陽)側にもたくさんありましたが、今回はきれいに撮影できた順光側を主に紹介します。

宮城県の松島クルーズ

4月下旬はまだ涼しいくらいなので、デッキで見学する人は私だけでした(笑)。みんなは船内からガラス越しで、クルーズ旅行を楽しんでいました。

宮城県の松島クルーズ

前日までは雨や曇だったのですが、この日は快晴!で海も穏やかで最高のクルーズでした。

宮城県の松島クルーズ

名前のある島々(観光スポット)を紹介!

島にはいろんな名称がつけられています。船内の放送で説明してくれます。メモとネット情報から、島の名称を紹介しますが、間違っていたら教えてくださいね。

これは亀のような形をしている「亀島」。

宮城県の松島クルーズ 亀島

双子島でしょうか?似たような島が他にもあるのですが、角度によっても見え方がかなり違ってきますね。

宮城県の松島クルーズ 双子島

これは有名な「鐘島(かねじま)」。4つの門(穴)に波が当たると、鐘のような音が聞こえることから名付けられたとか。

宮城県の松島クルーズ 鐘島

これもかなり有名な「仁王島」。仁王様が葉巻をくわえている?らしいです。

宮城県の松島クルーズ 仁王島

灯台が目立つ「地蔵島」です。灯台が地蔵ってことでしょうか?

宮城県の松島クルーズ 地蔵島の灯台

名産の牡蠣(かき)や海苔(のり)の養殖の風景

カキは広島が有名ですが、実は松島も名産地なのです。2〜3月頃までなら食べ放題もあるようです。

宮城県の松島クルーズ かきや海苔の養殖

どちらがカキで、どちらが海苔だかわかりませんが、独特な風景ですね。

宮城県の松島クルーズ かきや海苔の養殖

その他のきれいな島々

名前はないかもしれないけど、上以外にもいろんな島々が現れては消え、を繰り返します。

宮城県の松島クルーズ
宮城県の松島クルーズ
宮城県の松島クルーズ

塩釜に到着したら、クルーズ終了です。

松島から仙台へ戻り、宿泊したのは「仙台ワシントンホテル」です。JR仙台駅やバスターミナルから歩けるほど近いし、朝食バイキングにも満足できました。

まとめ:今日のゆめぴょんの好奇心

東北・宮城県の松島クルーズの旅行風景はどうでしたか。これから夏・秋にかけては、特に気持ちの良い季節になりますので、ぜひ行ってみてください。東京からも意外と近いんですよね。

次回の節約/健康の記事や北海道旅行の続きを見逃さないためにも、 feedlyの登録をおすすめします(^^)/

ゆめぴょん(@yume_pyon)でした。ばいちゃお! こてっZzz

«前記事:【東北旅行】日本三景の松島と満開の桜!伊達政宗ゆかりの瑞巌寺・円通院も観光【東北旅行】塩釜神社は桜のおすすめ観光名所!松島の遊覧船にも乗れる:次記事»
ページ
↑先頭
ホーム