ゆめぴょんの好奇心ゆめぴょんの好奇心
節約/節電でお金貯めて世界一周旅行へ。アニメ/映画の感想や健康・国内旅行記も!好奇心のおもむくままに!

【東北旅行】日本三景の松島と満開の桜!伊達政宗ゆかりの瑞巌寺・円通院も観光

宮城県の松島 西行戻しの松公園の桜満開

宮城県の日本三景の松島での観光を写真とともに紹介します。山から松島湾を満開の桜とともに眺め、伊達正宗ゆかりの瑞巌寺・円通院を観光しました。

ゆめぴょん(@yume_pyon)です。こんちはっ!

全世界の旅行地図マップ大きな地図(グーグルマップ)で見る >全世界の旅行地図マップ

今回の東北旅行では、仙台から世界遺産の平泉や、一ノ関の厳美渓花巻温泉日本三景の松島塩釜、会津若松などの観光とグルメを楽しみました。

松島の観光を写真とコメントで紹介

松島といえば、松尾芭蕉の句でも有名な、日本三景の1つです。松島湾に浮かぶ数百もの島々を巡るクルーズ観光の記事も参考にしてください。

今回は松島の陸地にある観光スポットについての旅行記です。春の桜の季節に行ったのですが、ちょうど満開だったので、その様子を動画もつけて共有します。

西行戻しの松公園

場所:JR松島海岸駅から車で5分。徒歩20分。登り坂なので、体力・脚力に自信のない人はタクシーがいいかも。

私はJR松島駅からタクシーで行きました。片道は約1,000円、約10〜15分。JR松島駅からJR松島海岸駅へは路線バスもあります。仙台駅からJR松島海岸駅まで約40分。

西行戻しの松公園は、松島湾を山の上から気軽に眺められる観光スポットです。約260もの桜の名所・花見スポットでもあります。4月23日に行きましたが、ちょうど桜が満開でした。入場料は無料。駐車場代は不明。

宮城県の松島 西行戻しの松公園の桜満開

「西行戻しの松公園」の名前の由来もあります。美しい松島を訪れたかった西行(さいぎょう)法師が、ここの松の大木の下で出会った童子と禅問答をして敗れ、松島行きをあきらめたそうです。

なぜ禅問答でやぶれたら、引き返さなきゃ行けないのか。なぜ童子は西行法師を松島に行かせたくなかったのか、理由がよくわかりませんが、今では松ではなく、桜の名所になっています。

ここでの桜の鑑賞が、他と一味違うのは、桜と一緒に松島湾の島を眺めることができることです。桜がない季節でも、松島を上から眺められるこの観光スポットは、かなりおすすめです!

宮城県の松島 西行戻しの松公園の桜満開

簡単な動画も撮影したので、ぜひ雰囲気を味わってください。

瑞巌寺(伊達政宗などの位牌が安置)

場所:JR松島海岸駅から徒歩10分。松島湾のクルーズ船のりばから徒歩5分。入場料は大人700円。

門をくぐると立派な杉並木が迎えてくれます。2011年3月11日の東日本大震災の時には、この辺まで津波が押し寄せて、塩害により300本が伐採されたらしいです。

宮城県の松島の瑞巌寺の杉並木

そのまま杉並木を歩いて行くと本堂まで行けますが、時間があるなら右側へ寄り道しましょう。これまた立派な石窟群を観光できます。

宮城県の松島の瑞巌寺の石窟

約200mの石窟群は、日本ではあまり見かけないので見ものです。修行の場として利用され、奥州の高野山とも呼ばれたらしいです。

中国(China)で見た龍門や雲崗、インドのアジャンター・エローラの石窟群には全くかなわないけど、仏教文化を取り入れたのだと思います。

宮城県の松島の瑞巌寺の石窟

瑞巌寺は平安時代初期の828年に、慈覚大師円仁が開山したと伝えられています。その後、奥州藤原氏・平泉の保護を受け、関ヶ原の合戦後は、伊達政宗とその家系によって守られてきました。

宮城県の松島 伊達政宗ゆかりの瑞巌寺

現在、瑞巌寺の本堂は修理中です。代わりに、今まで非公開だった「国宝庫裡(くり)」と「陽徳院 御霊屋(ようとくいん おたまや)。別名:寶華殿(ほうげでん)」を観光できます。2016年3月まで公開の予定。

国宝庫裡は、寺院の台所のことです。今の時期だけ特別に「伊達家歴代位牌」が並んでいるのを見ることができます。写真撮影もできて貴重です。

宮城県の松島 瑞巌寺の国宝庫裡の伊達家歴代位牌

国宝庫裡の内部も見学できます。

宮城県の松島の瑞巌寺の国宝庫裡

慈覚大師の木造なども見れました。

宮城県の松島の瑞巌寺の国宝庫裡にて

国宝庫裡を出てすぐの所に、石窟っぽい建物もありました。

宮城県の松島の瑞巌寺の石窟

臥龍梅とは、伊達政宗が豊臣秀吉の命により朝鮮出兵した時、かぶとに梅の植木を入れて持ち帰りここに植えたものです。紅と白があり、どちらも八重咲きです。「八つ房の梅」とも呼ばれます。樹齢400年。

宮城県の松島の瑞巌寺の伊達政宗の臥龍梅
宮城県の松島の瑞巌寺の伊達政宗の臥龍梅

「陽徳院 御霊屋(ようとくいん おたまや)」は別名「寶華殿(ほうげでん)」とも呼ばれます。伊達政宗の正妻「陽徳院(愛姫/めごひめ)」の墓堂です。

宮城県の松島の瑞巌寺の陽徳院

円通院(伊達政宗の嫡孫・光宗の霊廟)

瑞巌寺の隣なので、歩いて数分です。入場料は大人300円。この数日前にNHK「あさいち」の有働アナと井ノ原(いのっち)さんが、生中継の撮影でやってきてたそうです。

宮城県の松島の円通院

入るとまず日本庭園風の「雲外天地の庭」という石庭があります。

宮城県の松島の円通院の日本庭園 雲外天地の庭
宮城県の松島の円通院の日本庭園 雲外天地の庭

円通院は、伊達政宗の嫡孫・光宗の霊廟です。光宗は徳川家康の次女の娘の子でもあるため、三代将軍家光の義兄弟なので「光」の字をもらったそうです。19歳の若さでなくなりました。

慶長遣欧使節を率いた支倉常長がヨーロッパから持ち帰ったバラが由来で、バラ寺とも呼ばれます。初夏にはバラ園がきれいです。本堂は大悲亭といいます。秋の紅葉の季節もきれいらしいです。

宮城県の松島の円通院の大悲亭

円通院には石窟もありました。

宮城県の松島の円通院の石窟

樹齢700年のおんこ(アララギオンコ・イチイ科)という説明文がありましたが、下の写真の木のことでしょうか。それほど古くは見えないのですが。

宮城県の松島の円通院の樹齢700年

松島の名物かき

松島では、かきも有名です。冬から春にかけては、周辺レストランや魚市場などでは、新鮮なかきを食べられるそうです。この季節でも一部の店では食べられます。

宮城県の松島の名物カキ

松島から仙台へ戻り、宿泊したのは「仙台ワシントンホテル」です。JR仙台駅やバスターミナルから歩けるほど近いし、朝食バイキングにも満足できました。

まとめ:今日のゆめぴょんの好奇心

宮城県の日本三景の1つ、松島の陸での観光でした。次回はいよいよ海側に移動して、松島の島々を見て回る遊覧船クルーズ体験について紹介します。お楽しみに!

次回の節約/健康の記事や北海道旅行の続きを見逃さないためにも、 feedlyの登録をおすすめします(^^)/

ゆめぴょん(@yume_pyon)でした。ばいちゃお! こてっZzz

«前記事:【東北旅行】混浴も初体験!花巻の大沢温泉・ホテル山水閣は7種類の風呂と食事も満足【東北旅行】芭蕉も愛した松島を遊覧船クルーズ!おすすめスポットや島々を紹介:次記事»
ページ
↑先頭
ホーム