ゆめぴょんの好奇心ゆめぴょんの好奇心
節約/節電でお金貯めて世界一周旅行へ。アニメ/映画の感想や健康・国内旅行記も!好奇心のおもむくままに!

【北海道旅行】洞爺湖のおすすめ観光!遊覧船クルーズや有珠山頂や昭和新山を紹介

北海道の洞爺湖の観光旅行 クルーズ!

北海道旅行でぜひ行ってみたかったのが、サミットも開催された洞爺湖。温泉も有名ですが、今回は遊覧船クルーズや、有珠山頂からの洞爺湖や昭和新山の眺めなどオススメ観光地について紹介します。

ゆめぴょん(@yume_pyon)です。こんちはっ!

全世界の旅行地図マップ大きな地図(グーグルマップ)で見る >全世界の旅行地図マップ

北海道旅行は、函館からはじまり、洞爺湖登別温泉余市小樽旭川(旭山動物園)美瑛富良野の順に観光とグルメを楽しんできました。その様子については下記事も読んでみてくださいね。

洞爺湖への行き方と観光ルートや路線バスについて

まずは私が洞爺湖へ行った方法や、札幌からの行き方などを紹介します。また、洞爺湖での観光ルートや、車なしの私が使った路線バスの情報などについても共有します。

函館から洞爺湖へ。その後の交通機関も紹介

私は函館を観光した翌日に、早朝のJR始発電車で洞爺湖へ向かいました。JR洞爺駅からは路線バスで「洞爺湖温泉」(湖のすぐ近く)まで行き、そこから有珠山のロープウェイ乗場「昭和新山」駅へ行きました。往復の交通情報は下のとおりです。

  • JR函館→JR洞爺:特急スーパー北斗(1時間45分。自由席4,970円。始発6:22)
  • JR洞爺駅→洞爺湖温泉:路線バス(20分。片道340円。夏は1日12本)
  • 洞爺湖温泉ターミナル→昭和新山駅:タクシー(10分。片道1,500円前後)
  • 昭和新山駅⇔有珠山頂:ロープウェイ(6分。往復1,500円。15分間隔)
  • 昭和新山駅→洞爺湖温泉:路線バス(15分。片道340円。1日2往復のみ)
  • 洞爺湖温泉→JR洞爺駅:路線バス(20分。片道340円。夏は1日12本)
  • JR洞爺→登別温泉:特急スーパー北斗(40分。自由席2,200円)

JRは夏休みシーズンなら指定席の方がいいかもしれません。1ヶ月前にすぐ予約することをオススメします。この日も洞爺までは早朝で空いてたけど、登別温泉へ行く時の電車は連結部まで超満員でずっと立ってました。指定席はどちらも+720円です。

JR洞爺駅の発着バスは、本数多めなので使いやすいです。しかし有珠山へのバスは1日2往復のみなので、行きはタクシーで行きました。特に3人以上ならそれほど料金も変わりません。私は他の旅行者とあいのりできてラッキーでした。

北海道の洞爺湖の観光旅行 クルーズ!

路線バスは同じルートに乗るなら往復きっぷもあるようですが車内では買えないかもしれないのでターミナルで確認してください。道南バスの時刻表は郊外路線バス(下リンク)の7番から。

郊外路線バス | 道南バス株式会社

路線バスは頻繁にはないので、あらかじめ時刻表は把握して、その時間に間に合うように余裕をもって行動しましょう。

札幌から洞爺湖への行き方

札幌から洞爺駅へは、JR特急スーパー北斗などで、約1時間55分、自由席で5,400円です。新千歳空港からなら、乗り継ぎ良ければ約1時間半、自由席で4,430円です。

ただし洞爺駅から洞爺湖温泉までは路線バスかタクシーです。路線バス(道南バス)は全ての電車に合わせてるわけではないので、1時間くらい待つ場合もあるので、あらかじめ調べて行きましょう。

札幌から洞爺湖温泉は、高速バスでも行けるようです。所要2時間40分、料金は片道2,780円。特急電車の半額くらいで魅力ですが、1日の本数が少ないので事前に調べておきましょう。温泉街まで直通なので路線バスに乗らなくてもよく便利ですね。

高速バスの時刻表はなぜか道南バスのサイトでは見つけられず、Yahoo!乗換案内などで探すことをオススメします。完全予約制のようです。

洞爺湖での観光。有珠山・昭和新山とクルーズ

私が実際に行った観光名所を紹介していきます。

ロープウェイ駅の昭和新山へ

まず向かったのは有珠山へ登るロープウェイ駅「昭和新山」です。その名の通り「昭和新山」が目の前に見えます。大きな駐車場や少しだけ飲食店やお土産屋もあります。

北海道の洞爺湖の観光旅行 昭和新山

昭和新山とは、1943年(昭和18年)の年末から約2年間、17回の火山活動により、当時農場だった場所に隆起した約400mの溶岩ドームです。地元の郵便局長だった三松正夫さんによる詳細な観察記録「ミマツダイヤグラム」は世界的にも評価されました。

三松さんは住民の生活保護のために私財を投じてこの「昭和新山」を買い取り私有地としました。現在も気象庁による火山活動の観測対象となっていて、一般登山は禁止されています。国の「特別天然記念物」に指定されています。

北海道の洞爺湖の観光旅行 有珠山から昭和新山

昭和新山を、有珠山やそのふもとから眺めると、噴煙のようなものが見えました。有珠山じたいも2000年に噴火してるし、洞爺湖もカルデラで形成されたことを考えると、この辺り全体が火山活動が活発な場所であることがわかります。

有珠山頂から昭和新山と洞爺湖や火口の噴煙を眺める

さて有珠山の頂上へはロープウェイで登ります。公式サイトで割引クーポンがあれば印刷して行くと、1,350円(1人150円割引)になります。スマホ画面で見せてもダメみたいなので必ず印刷していきましょう。

有珠山ロープウェイ

ロープウェイは約6分で頂上に到着。降りてすぐ右側には展望台があり、洞爺湖と昭和新山を眺めることができます。この日はくもり気味であまりいい写真が撮影できなかったのが残念ですが、気持ちのよい眺望でした。

北海道の洞爺湖の観光旅行 有珠山の山頂から

ロープウェイを出て左へ行くと、有珠山の山頂まで歩いて登れます。ゆっくり登っても約10〜15分。ただしかなり階段を登るので、足や体力に自信ない人はつらいかもしれません。

北海道の洞爺湖の観光旅行 有珠山の山頂

山頂からは火口やそこから出てる噴煙を見ることができます。この日は最初、くもってて霧っぽかったため全く何も見えませんでした。しかし1時間後くらいに霧がはれたので再度登ってきて眺めました。

北海道の洞爺湖の観光旅行 有珠山の山頂から火口の噴煙

火口へ向かう「外輪山遊歩道」(片道40分)もあります。少し下っていく階段がそれです。晴れてて時間があれば行ってもみてもいいかも。この日は視界が微妙だったので、噴煙の見える場所まで降りてすぐ戻りました。

北海道の洞爺湖の観光旅行 有珠山の山頂から

このように視界の良くない日だったので予定を変更して、次の路線バスの時間まで山頂で視界の回復を待ちました。結局、晴れ間や青空は出ませんでしたが、洞爺湖も昭和新山もそこそこきれいに眺めることができました。

北海道の洞爺湖の観光旅行 有珠山から昭和新山と湖

遊覧船クルーズの乗船料と割引クーポン

路線バスで洞爺湖温泉ターミナルに戻ってきたら、洞爺湖まで歩いて5分くらいです。洞爺湖の遊覧船クルーズ乗場もすぐ見つかると思います。

北海道の洞爺湖の観光旅行 クルーズ!

乗船料は往復1,420円(2015夏)ですが、公式サイトの10%OFF割引クーポンを印刷していけば節約できますよ。船内ショップやコーヒーや中島の森林博物館の割引クーポンもついてるので、利用する人にはお得です。

運航時間・料金・クーポン | 北海道の洞爺湖を観光する遊覧船なら洞爺湖汽船。

ちなみに、私はJTBレジャーチケットの割引クーポンを使いました。乗船料が往復1,200円になるので、使える時期ならこちらをコンビニで購入してから行くと節約になります。

現地観光プラン・レジャーチケット|洞爺湖汽船  中島巡り遊覧船JTB 現地観光プラン・レジャーチケット予約(アクセスできない場合は、JTBレジャーチケットの北海道から探してください)

五稜郭タワーのJTBレジャーチケットについては下記事に書いてるので参考にしてください。

【北海道旅行】函館の五稜郭や奉行所を観光!土方歳三や坂本龍馬やカキ氷の歴史も【北海道旅行】函館の五稜郭や奉行所を観光!土方歳三や坂本龍馬やカキ氷の歴史も

北海道旅行で函館に訪れたら、必ず観光するのが五稜郭。展望タワーからは見事な五角形…

洞爺湖の遊覧船クルーズへ

洞爺湖は、約11万年前の巨大噴火の影響でできた、日本では3番目に大きなカルデラ湖です。ちなみに1、2番めはいずれも北海道の、屈斜路湖(くっしゃろこ)と支笏湖(しこつこ)です。

北海道の洞爺湖の観光旅行

2008年に洞爺湖サミットが行われたことで、世界的にも有名になりました。次回は2016年の伊勢志摩サミットですね!

北海道の洞爺湖の観光旅行 クルーズ! 北海道の洞爺湖の観光旅行 クルーズ!

洞爺湖の遊覧船クルーズは、4月下旬から10月末なら、8〜16時半の30分毎に運行されています。中島で下船しなければ約50分、下船して上陸して次の船で戻るなら約80分の所要時間です。冬期も60分毎にありますが、中島下船はできないようです。

北海道の洞爺湖の観光旅行 クルーズ!

この日は午前中はくもり気味でしたが、午後になると青空も見えてきて、遊覧船クルーズ日和となりました。多くの人は船内から眺めを楽しんでいますが、私は外へ出て美しい洞爺湖をのんびり眺めました。

北海道の洞爺湖の観光旅行 クルーズ! 北海道の洞爺湖の観光旅行 クルーズ!

洞爺湖は湖なので、船もほとんど揺れません。水や空の青色がきれいで、緑の木々や山との色合いも素晴らしく、絵はがきのような風景でした。中国人や写真愛好家の人達も写真撮影を楽しんでいました。

中島に上陸してエゾシカ探し

洞爺湖に浮かぶ無人島の中島に停船するので、下船希望者は降りて上陸することができます。そして次の船が30分後に来るので、それまで中島に滞在できます。

中島には島の生物が展示されている森林博物館や、売店や小さなジンギスカン屋などがあります。島の奥地へ行くためのゲートがあり、カラマツ林などが広がっていてトレッキングできます。運が良ければ野生のエゾシカにも会えるとか。

北海道の洞爺湖の観光旅行 中島のカラマツ

この島にはもともとエゾシカがいなかったそうですが、外から3頭つれてくると繁殖して最盛期には400頭にも増えたそうです。しかし今は食糧不足で50頭ほどに減ったみたい。

ガイドブックには桟橋などで見れる可能性もあると書かれてたので期待してたけど、残念ながらエゾシカは剥製しか見れませんでした。今は数も少なくて人間を警戒するので、奥へ入るツアーに参加しないとなかなか見れないとのこと。

北海道の洞爺湖の観光旅行 中島のエゾシカ

気を取り直して、湖に浮かぶ白鳥に近づきました。するとなぜかカラスが木の上から鳴き叫びます。どうやらカラスの巣か縄張りに近づきすぎたようです。白鳥は気になるけど恐いのでその場を離れました。

北海道の洞爺湖の観光旅行 中島

ところでこの白鳥は、結構凶暴で有名らしいです。船内のアナウンスでも言ってたし、他の人のブログを読んだら、エサ持ってると飛びかかってくることもあるとか。小さな子どもは気をつけた方が良いでしょうね。

北海道の洞爺湖の観光旅行 クルーズのエスポワール号

30分後に来た船で洞爺湖温泉に戻りました。しかしこの時の遊覧船「エスポワール号」はお城型で、ディズニーランドならまだしも、洞爺湖の大自然の中では違和感ありました(笑)。ランチクルーズや花火観覧で使われるらしいです。

北海道の洞爺湖の観光旅行 クルーズでかもめ

乗り心地が良いのか、かもめか海鳥かうみねこが船の甲板に集まっていました。洞爺湖は本当にきれいで見てて飽きないので、桟橋が見えてきた時には名残惜しい気分でした。

今回宿泊したホテルは、洞爺湖からも近い「登別温泉ホテルまほろば」です。天然温泉をいろいろ楽しめるしバイキング料理も美味しい、おすすめの宿ですよ。

まとめ:今日のゆめぴょんの好奇心

北海道の特に道南を旅行する時には、洞爺湖もぜひ観光ルートに入れてみてください。温泉もあるので、すぐ近くの登別温泉と比較してみても楽しいかも知れませんね。

次回の節約/健康の記事や北海道旅行の続きを見逃さないためにも、 feedlyの登録をおすすめします(^^)/

ゆめぴょん(@yume_pyon)でした。ばいちゃお! こてっZzz

«前記事:【北海道旅行】美瑛パッチワークの路の観光から四季彩の丘のアルパカまで【北海道旅行】余市のニッカウヰスキー蒸留所はマッサン効果で人気の観光地:次記事»
ページ
↑先頭
ホーム