ゆめぴょんの好奇心ゆめぴょんの好奇心
節約/節電でお金貯めて世界一周旅行へ。アニメ/映画の感想や健康・国内旅行記も!好奇心のおもむくままに!

【配送料金の節約】郵便局のゆうメールは厚さ3cm超えて2kgまでなら最安値!全国一律料金

ゆうメールで配送料を節約する女性

郵便局のゆうメールは、クロネコメール便に比べるとサイズや重量制限の幅が広いし、全国一律料金で2kgまでならゆうパックより安く配送できて節約できます。そのメリットやデメリットを紹介します。

ゆめぴょん(@yume_pyon)です。こんちはっ!

ヤフオク、楽天オークション、Amazonや、メルカリなどのフリマアプリに出品する時など、配送料を節約できると販売価格も安くできるし、利益も大きくできます。

今なら300円もらえる!フリマアプリのメルカリで本,服,不要品をスマホで簡単に売買今なら300円もらえる!フリマアプリのメルカリで本,服,不要品をスマホで簡単に売買

スマホのフリマアプリ「メルカリ/mercari」は、売りたい物の写真を撮影して数…

郵便局のゆうメールで節約になる場面

郵送物の厚さが3cmを超える場合や、1kgを超える場合、A4サイズを超える場合に、重量2kgまでなら郵便局のゆうメールが最安値になります。

例えば、漫画コミックや文庫本やCD/DVDなどが7つくらいなら、箱を含めて2kg以内だと思います。コミックの場合は箱や詰め物の重さを切りつめると9〜10冊でちょうど2kgくらいになります。

ちなみに重量1kg以内で、厚さ2cm以内ならクロネコメール便、厚さ3cm以内なら郵便局のクリックポストが最安値になります。下記事も参考にしてください。

【配送料金の節約】クロネコメール便はR,Tポイント可!追跡ありで厚さ2cmまで最安値【配送料金の節約】クロネコメール便はR,Tポイント可!追跡ありで厚さ2cmまで最安値

クロネコヤマトのメール便は、A4サイズ内で厚さ1cm以内なら、全国一律82円で追…

【配送料金の節約】クリックポストは全国一律で追跡ありで厚さ1-3cmなら最安値【配送料金の節約】クリックポストは全国一律で追跡ありで厚さ1-3cmなら最安値

クリックポストは郵便局の格安郵送サービスです。A4サイズ内で厚さ1-3cmで1k…

ゆうメールとは?料金やサイズについて

ゆうメールとは、郵便局が提供する安めの配送サービスです。

  • 配送できるもの:書籍・書類・CD・DVDなど
  • 発送場所:郵便局。重量にあった切手をはればポスト投函も可能
  • サイズ:横幅+縦幅+高さ(厚さ)の合計が170cm以内。重さ3kg以内
  • 配送料金:全国一律。重量により6段階の料金(下の公式サイト参照)
  • 荷物追跡:なし。+160円で特定記録。+310円で簡易書留、+370円で一般書留
  • 配送日数:普通郵便とほぼ同じ。速達可能:+320円/2kgまで。+470円/2kg超
  • 宛名ラベル:自分で用意。手書きもOK。郵便局で宛名シートもらえる場合も
  • 配送日指定:+51円で可能
  • 着払い:可能
  • 受取方法:郵便受けに投函。書留・着払いの場合のみ手渡し
  • 荷物の補償:損害賠償なし。信書・現金は配送不可。書留にすると損害賠償あり
  • 支払い方法:現金、切手のみ

梱包は、封筒・ダンボール箱などなんでもOKです。ポスト投函の場合は中身が確認できるように、角などにのぞき穴が必要です。そして「ゆうメール」と書いた方がいいです。

私は荷物にぴったりダンボール等を加工してから封する前に、通常は郵便局へ持ち込みます。そして重さを測り、中身を確認してもらい、宛名ラベルとセロハンテープを借りて、その場で梱包して配送手続きを完了させています。

ゆうメールはゆうパックの廉価版なので、各種郵送サービスがオプションで使えます。しかし特定記録はともかく、書留まで利用するのなら、ゆうパックなど他の配送候補も検討すべきだと思います。

ゆうメール ご利用方法・運賃 – 日本郵便

国内の料金表(オプションサービス) – 日本郵便

個人では利用できませんが、法人の場合は「佐川急便の飛脚ゆうメール便」の方がかなり安く配送できそうです。

飛脚ゆうメール便│佐川急便株式会社

ゆうメールのメリット・デメリット

ゆうメールの主なメリット・デメリットは次のとおりです。

メリット

ゆうメールはサイズ制限が少ない割に安いのが最大のメリットです。

  1. 厚さ3cmや重要1kgを超えて、2kg以内なら配送料は最安値
  2. 2-3kgの場合も、配送先が遠方の場合は全国一律料金なので安い
  3. 郵便局サービスなので、配達日数も速くて、紛失リスクも少なそうで安心
  4. 郵便局の提供する各種オプションサービス(日時指定・着払い等)を有料で使える
  5. 宛名は封筒などに手書きでも、自作ラベルでもいい
  6. ネットサービスなどに登録の必要がない

デメリット

致命的なデメリットはありません。個人的には支払い方法が一番大きいです。

  1. 補償がない
  2. 追跡がない
  3. 郵便局の開いている時間帯に行くのが難しい
  4. ポスト投函での発送は可能だけど、重量に応じた切手を用意する必要がある
  5. 通常は受取先の郵便受けか玄関前に届けられ、手渡しではないため少し心配
  6. 支払い方法に、電子マネーやクレジットカードが使えず節約に役立てにくい

郵便局のサービスは基本的に支払いが現金のみなのが難点です。クロネコメール便はTポイント、クオカード、nanacoが使えます。それぞれの節約方法などは下記事を参考にしてください。

あと補償がないのは、メール便系サービスでは定番ですが、せめて追跡機能だけは標準で付けてほしかったですね。

まとめ:今日のゆめぴょんの好奇心

今回は配送料の節約ということで「郵便局のゆうメール」についてのメリットやデメリットについて解説しました。補償・追跡サービスが不要なら、重量や配送先によって「ゆうパック」と使い分けるのがいいかもしれません。

次回の節約/健康の記事や北海道旅行の続きを見逃さないためにも、 feedlyの登録をおすすめします(^^)/

ゆめぴょん(@yume_pyon)でした。ばいちゃお! こてっZzz

«前記事:【株主優待で節約】イオン系列スーパーのオーナーズカードは5%OFFより安くなる冬の窓の結露対策でダニ,カビ防止!デメリットや原因や駆除方法まとめ:次記事»
ページ
↑先頭
ホーム