ゆめぴょんの好奇心ゆめぴょんの好奇心
節約/節電でお金貯めて世界一周旅行へ。アニメ/映画の感想や健康・国内旅行記も!好奇心のおもむくままに!

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』アニメ映画感想!動画あり。4つの魅力を考察

エヴァンゲリヲン新劇場版 序

ゆめぴょん評価:★★★★☆(4/5)

アニメ映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』の感想です。今さらですが、まだ『破』以降を見ていない時の評価です。旧作はマニア向けでしたが、新劇場版はアニメ映画好き以外にも認知されてるようです。ほぼネタバレありません。

ゆめぴょん(@yume_pyon)です。こんちはっ!

TVアニメ版を見たのは昔すぎることもありますが、ラストの展開があまりにもひどすぎたため、あまり覚えていません。確か劇場版でも違うラストだったけど、どちらもスカッとする最終話ではなかった気がします。

ただ前作を見た人、見てない人に限らず、今回の新劇場版「序」は純粋なアニメ映画として楽しめる内容だと思います。ファンじゃない人は「演出のかっこよさ」と「登場人物が時折みせる人間味」を感じれば楽しめる気がします。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』と『Q』の感想も書いたので読んでみてくださいね。

超大胆に考察!『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』動画あり!アニメ映画感想やあらすじ超大胆に考察!『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』動画あり!アニメ映画感想やあらすじ

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の感想と大胆な考察です。ネタバレあり。ロボットの…

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』アニメ映画感想!動画あり。4つの魅力を考察『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』アニメ映画感想!動画あり。4つの魅力を考察

アニメ映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』の感想です。今さらですが、まだ『破』以…

これからエヴァンゲリオンを見る人のために、旧作テレビ版の解説動画を紹介します。世界観はほぼ同じなので、物語の深さを実感してみてください。

エヴァンゲリオン新劇場版と旧作との違い

新劇場版1作目『序』に限るとほとんど前作TV版の総集編みたいに感じました。ただテレビ版にありがちな導入部やら間延びしたような展開はほとんど削られてるので見やすかったです。

『序』では3体の使徒(人類の敵)と戦いますが、これも前作と同じようなやつですね。ただ細部の作りこみに気合い入ってます。美しすぎる。その美しさが使徒の恐ろしさをさらに引き出してる気がしました。

主人公「シンジ」やその父親「ゲンドウ」だけでなく、「綾波レイ」「ミサト」など中核をになう登場人物の性格も基本的には変わりないですね。ただ表情や言動に、より人間味を感じたのは私だけでしょうか。

私が感じるエヴァンゲリオン 4つの魅力

  • 細部へのこだわり
  • 多様な層へのサービス精神でとりこにする
  • 性格破綻者の中に時折見せる人間味と共感
  • 演出のかっこよさ

細部へのこだわり

本当にもう病的な領域に達しますね。そこまで描いてもほとんどの人は気づかないよーという箇所がちらほらあります。いやたぶん、私も一度見ただけでは気づいてない部分も多そうです。

このこだわり部分が何度見ても新発見できるような新鮮味を感じさせてくれるのだと思います。そしてリピーターを大量生産する仕組みがこの「細部へのこだわり」なのかもしれません。

エヴァンゲリオン新劇場版 破

多様な層へのサービス精神

どんな常識人、普通の人であっても人間はみんな変人であると思っています。例えば私から見れば喫煙者は「人間排気ガス&自殺志願者&煙フェチ」だし、パチンコ好きは「騒々しく臭い環境でも耐えて寄付するマゾ」です。

逆に私の「世界一周旅行」「ブログ更新」なんかも多くの人には理解されないと思ってます。ようするに他人の嗜好は理解できなくて当然。この多種多様性が人間のみならず生物を進化させてきた要因だと思います。

この多種多様な嗜好の持ち主たちを「とりこ」にするために、エヴァンゲリオンには様々なサービスカットが盛り込まれています。美少女、親子の確執、絶望感などは表面的なものにすぎません。

包帯姿、教室で1人きり、傷だらけ、死んでも他人の盾になろうとして、熱されたエントリープラグの中での綾波レイのマゾっぷりに萌える人とか。過酷で理不尽な状況に負けそうになりながら立ち上がるシンジに萌える人とか。

実の子供に対しては愛情で接することができないのに、レイに対してはただならぬ愛をみせるゲンドウの倒錯感に萌える人とか。シンジに自分を重ねて苦悩するもムチャぶりながら仕事はきっちりこなすミサトに萌える人とか。

性格破綻者の中に時折見せる人間味と共感

極端な性格破綻者がエヴァンゲリオンの中にはいっぱいいます。常に極限のような環境にいるので仕方ないかもしれませんが。そんな人たちが時折みせる素顔や人間味に魅せられた人も多いはず。

例えば、綾波レイが笑いかけた顔。笑顔ではなくて、笑ったような顔。ただそれだけでこれだけ多くの大人たちを魅了するキャラクターを他には知りません。父ゲンドウがレイを助けるシーン、ミサトがシンジのことを気遣い、感傷するシーンなども。

そして極端な状態からみせた日常や人間味に対してだからこそ共感してしまうことがあります。それが監督や製作者たちの計算なのかどうかはわかりませんが、この共感が萌えズムを加速させていることは間違いないです。

演出のかっこよさ

これは語るまでもなく見てください!この監督、ストーリーはいまいち(新劇場版の評価はまだ不明)だけど演出のかっこよさは抜群です。ヤシマ作戦とか本当にワクワクします。

今後の期待

「序」はほとんどTVアニメ版と同じストーリー展開でしたが、次の「破」「Q」は大きく違ってきてるようです。運命の子供たちはどこへ向かうのか。1作目からカヲルがでてきたのはびっくり。月でしょうか。

そしてカヲルの言葉。まさかのループを感じさせますが、そんな簡単ではないんでしょうね。ループアニメでは「魔法少女まどか」「ひぐらしのなく頃に」など越えがたい前例もあります。超えてほしいですが。

『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ』アニメ映画感想!始まりと永遠の物語『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ』アニメ映画感想!始まりと永遠の物語

アニメ映画『魔法少女まどか☆マギカ』の前篇・後編の感想です。劇場版3作目『叛逆の…

ループならシンジの聞いてるあのカセットテープのループも伏線なのかも?。そして今作でのサードインパクトも楽しみです。それではまた次回作「破」の感想もよろしくです。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』のお気に入りキャラ・ベスト5

キャラクター名と簡単な理由です。

  1. 葛城ミサト(かつらぎ):登場からヤシマ作戦まで今作の主役!
  2. 綾波レイ(あやなみ):けなげに頑張る姿と時折みせる表情
  3. 碇シンジ(いかり):今作ではポジティブ面もあり期待させる
  4. 碇ゲンドウ:シンジに対してはひどい。レイへの愛情
  5. 赤木リツコ:ミサト、ゲンドウの良き理解者。良い立ち位置
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』アニメ映画感想と考察!アスカとレイの名場面を紹介『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』アニメ映画感想と考察!アスカとレイの名場面を紹介

アニメ映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』の感想です。人間の敵である使徒を、人型…

紹介ブログ・サイト

6〜7年前の作品なので、当時の熱狂ぶりは伝えられませんが、次のようなブログ・サイトでも興味深い感想などが読めますよ。

新劇場版ヱヴァから、シンジの未来を想像する(ネタバレ注意!) – シロクマの屑籠
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 の感想: 気弱な反逆児、J影虎の感想リレー

まとめ:今日のゆめぴょんの好奇心

今回の記事はエヴァンゲリオンのファンよりも、これから初めてエヴァを体験する人に楽しんでもらえればと思いながら書きました。

次回の節約/健康の記事や北海道旅行の続きを見逃さないためにも、 feedlyの登録をおすすめします(^^)/

ゆめぴょん(@yume_pyon)でした。ばいちゃお! こてっZzz

【2014年春アニメ】1話目見逃した人も無料で公式ネット動画で見れるよ:次記事»
ページ
↑先頭
ホーム