ゆめぴょんの好奇心ゆめぴょんの好奇心
節約/節電でお金貯めて世界一周旅行へ。アニメ/映画の感想や健康・国内旅行記も!好奇心のおもむくままに!

【節約術】電子書籍を自炊!一番安い書店で購入して永久に読める方法

電子書籍も紙の本も自炊で快適読書

電子書籍を購入する機会が増えてきました。しかし書店の閉鎖などで読めなくなる問題も多発してます。今回は電子書籍を自炊して節約に結びつける方法を紹介します。

ゆめぴょん(@yume_pyon)です。こんちはっ!

自宅には紙の書籍がたくさんあります。いずれ自炊(デジタル化)して、古本屋などに売れば、次回の引越し時にも楽だと思ってます。新聞はやめて、チラシもスマホで確認すれば節約できます。

【お得・節約】毎日Tポイントをゲット!シュフー(Shufoo)アプリでチラシ見るだけ【お得・節約】毎日Tポイントをゲット!シュフー(Shufoo)アプリでチラシ見るだけ

Tポイントが攻めてきてます。シュフー(Shufoo!)は毎日地元スーパーなどのチ…

【節約】毎日新聞の購読でTポイントを自動で毎月ゲット!なるほどりカードもらえる【節約】毎日新聞の購読でTポイントを自動で毎月ゲット!なるほどりカードもらえる

TポイントはTSUTAYA、YAHOO、ファミマなどで貯めたり使えるお得なカード…

電子書籍の書店のサービス終了で購入した本も読めなくなる?

今回はヤマダ電機が展開する「ヤマダイーブック」という電子書籍の書店が問題になっています。サービスリニューアルなのに、購入した本は読めなくなるという理不尽さ。

ヤマダ電機の電子書店が閉鎖 購入書籍は閲覧不能に – ITmedia ニュース

同じような事象は、ローソンの「エルパカBOOKS」(Pontaポイント還元)、NTTグループの「地球書店」、ソニー「Reader Store(北米・カナダ)」(Koboが引継ぎ)、「楽天Raboo」(40%ポイント還元)でもありました。

たぶん、これからも弱い順にサービス閉鎖は続くと思います。個人的には、AmazonのKindle、楽天Kobo、AppleのiBooksくらいしか残らないと思っています。

そしてサービス終了した電子書店で購入した書籍は、ダウンロードしてれば、その端末が壊れるまで読み続けられますが、書籍を削除したり、端末を買い換えたりすると読めなくなります。

電子書店の閉鎖にもおびえない自炊のすすめ

本の自炊」とは、本来は紙の書籍・漫画コミックをスキャンして、デジタルデータ化することです。

電子書籍の自炊」とは、特定アプリでしか読めない書籍などをデジタルデータ化して、どの端末でも読めるようにすることです。このメリットは次のとおりです。

  1. PC・スマホにかかわらず、どの端末でも何台でも読める
  2. 専用アプリ以外でも読める。アプリの種類が増える
  3. 電子書店が閉鎖されても、読み続けられる
  4. いろんな電子書店で購入した書籍を一元管理できる
  5. 図書館、レンタルブックなどの書籍も読み続けられる

電子書店によっては、購入した書籍をダウンロードできる端末数が3台までとか決まってる場合があります。でも自炊すればその制限もなくせます。

もちろん電子書店がサービス終了しても、端末が故障したり買い換えても、読み続けることが可能になります。

複数書店で購入して一元管理すると節約にもなる!

電子書籍の自炊は、このブログのテーマ「節約」にも結びつきます。ただ面倒でもあるため、できる人だけやってみてください。

一番安い電子書店で購入

複数の電子書店を利用していると、本によって価格差があることに気づきます。特にAmazonのKindleや、楽天Koboでは毎月のように30%オフやポイント還元セールを実施しています。

ポンパレ、hontoでも最近、500円分のチケットを配布してました。その他の電子書店でも、入会時や初回購入時にポイントがもらえたりするキャンペーンが実施されます。

そういうセール、割引チケット、ポイントを使うことにより、今まで割引価格で買えなかった書籍やマンガを安く購入すれば節約になります。

複数書店で購入するデメリットの解決法

ただ複数の電子書店で購入した場合、同じシリーズなのにアプリを変えながら読む必要があります。

例えば『進撃の巨人12巻』をKindle、13巻をKobo、14巻をポンパレで購入したら、続きを読む時にアプリ切替がかなり面倒だし非効率です。

これを解決する方法が「電子書籍の自炊」です。具体的にはあらゆる電子書籍を、画像やPDFに変換するのです。

ただし電子書店によってはコピー禁止の場合もあるため、契約内容をよく確認してから行ってください。自炊した書籍を、自分以外が読んだり販売したりは違法なので注意してください。

電子書籍の自炊の方法と読書アプリ

電子書籍の自炊は、紙の本よりも楽です。裁断やページめくりの作業もないため、1冊で5分かからない場合がほとんどです。

普段タブレットやスマホで読んでる人も、自炊はパソコンで行うことをオススメします。その方が大きく保存できて文字も読みやすいからです。

でもMac使いの私にとって残念なことも。電子書籍アプリって、ほとんどWindowsのみの対応なんです!仕方ないので自炊はWindowsでやることにしました。

Windowsでの自炊と使用アプリ

Winshotで電子書籍を快適自炊

家では普段あまり使わないWindowsですが、フリーソフトの豊富さはMacにない魅力ですね。自炊用のアプリはかなり古いけど「WinShot」を使いました。

WinShot – 窓の杜ライブラリ

どうやるかと言うと、電子書籍アプリで自炊したい本を開いて、1ページづつめくり、ひたすらスクリーンショットを撮るだけです(汗)

このソフトが優れている点は、スクショにキーボートショートカットを割り当てられる点と、ファイル名に順番に連番を付けれる点です。

ショートカットキーは「環境設定」の「ホット・キー」を確認してください。電子書籍アプリを全画面にできれば、ホットキーの「jpegで保存(アクティブウインドウ)」を使えばいいです。

最初だけファイル名の法則(例えば「進撃の巨人13巻-」)を「環境設定」の「基本設定」に入力すれば、あとはキーを押すだけで「001」「002」…という法則で保存されていきます。

Mac、iPhone、Android、タブレットでの自炊方法

もしWindowsのPCを用意できない場合は、Macやスマホでも、ひたすらスクリーンショットを取って保存していけば同じことが実現できます。

Macの場合はショートカットキー「Command + Shift + 3」、iPhoneは「スリープ + ホーム」、Androidは「電源 + 音量下げる」のボタン同時押しでスクリーンショットを撮影して保存できます。

または少し荒技ですが、1ページごとにデジカメで撮影する方法もあります。

読書アプリ

私は次のアプリを使ってますが、もっといいのがあれば乗換えます。スマホ、タブレットのSideBooksは、DropBox連携が速くて気に入っています。

まとめ:今日のゆめぴょんの好奇心

今回の記事内容をざっくり言うと。

  • 電子書籍も紙の本も自炊すれば一元管理できる
  • 電子書籍も自炊すれば、サービス終了しても読める
  • キャンペーンやポイント還元セールの時に安く買って自炊
  • 自炊しておけば、好きな端末・好きなアプリで読める

自宅のインターネットや、スマホ、携帯電話などの通信費節約は下記事を参考にしてくださいね。

【節約術】MVNOの格安SIMテザリングで自宅のネット通信費を0円に【節約術】MVNOの格安SIMテザリングで自宅のネット通信費を0円に

昨日紹介したシムフリー端末freetelでは、MVNOの格安Simでテザリングも…

【通信費節約】SIMフリースマホFreetelフリーテルと格安MVNOでテザリング・電話も可能【通信費節約】SIMフリースマホFreetelフリーテルと格安MVNOでテザリング・電話も可能

freetelはMVNOの格安Simも使える、国内では最安値のシムフリーのAnd…

次回の節約/健康の記事や北海道旅行の続きを見逃さないためにも、 feedlyの登録をおすすめします(^^)/

ゆめぴょん(@yume_pyon)でした。ばいちゃお! こてっZzz

«前記事:【節約術】MVNOの格安SIMテザリングで自宅のネット通信費を0円に【節約術】国民年金の免除申請は7月!過去2年未納も減免がおすすめ。転職・失業・低所得・学生など:次記事»
ページ
↑先頭
ホーム